2019年7月

運動会練習期間中は 天候に恵まれ、ほぼ順当に練習を進めることができましたが、実施予定日 少し前からの曇天、早朝は雷雨となり、1日延期日程での開催となりました。この日も朝方早い時間帯までは雨が残る予報でしたので、雨上がり・園庭コンディションを考慮し、正午スタートとさせて頂きました。
子どもたちも予定日前日 天候の無事を願い てるてる坊主を作り、皆のお祈りが神さまにも届いたようで、開催時刻には 太陽が顔を出し、暑いくらいの陽射しのもと、最後まで無事に終えることができました。日曜午後の実施となりましたが、皆さまのご理解とご協力、本当にありがとうございました。

子どもたちは練習を重ねていく中で、それぞれの年齢らしい表現・変化が見られ、年少さんは 全身を使ってかわいらしく、年中さんは 友だちとの協力を意識して、年長さんは 全体での一体感と 育ちの過程を眼にすることができたかと思います。この運動会の取り組みを通して 個々で また各年齢集団として 体感した楽しさ・喜び・まとまりは 更なる成長へのベースとなり、得られた自信をこれからどのように形を変えて生かしていくのか 見守って参りましょう。

本番を迎えるまでの体調管理や励まし、また当日、皆さまの応援、お力添え下さる方々の準備・片付け、係の方々の連携によるお手伝い、多くの皆さまに支えられていることを改めて感じ、子どもたちの懸命な姿をご覧頂き、ともに成長を喜び合えましたこと、私たちもとてもうれしく 心より感謝申し上げます。

残り少なくなってきた1学期、これからは この季節ならではの夏の水あそびなども経験し、新たな原体験を重ね、感じ 得るものを育ちの栄養としていけたらと思います。
                           園長 肥田 光代 


年長 7月の保育内容
主題
  • 丈夫な体
月のねらい
  • 夏の遊びを十分に楽しむ。
  • 皆で育てた野菜を調理し食べる喜びを味わう
  • お泊り会を通して様々な経験をし、自信に繋げる。
内容
  • 戸外の遊びを十分に楽しみ、適切な休息の取り方に気付く。
  • 生活の中で必要なことに気付いて、自分でしようとする。
【健康】
  • 夏の遊びを通して、季節を肌で感じ、体を動かすことを楽しむ。
  • 衣服の調節、汗の始末、水分の補給などを自分でしようとする。
  • 食材を丁寧に扱い、楽しんで調理する(お泊り会のカレー作り)
  • 公共の場など、園外での行動の仕方について考える
    (お泊り会~滝野すずらん公園、スーパーなど)
  • 畑に植えた作物の成長を楽しみにし、自分たちでできる世話をしようとする。
  • 進んで片付けの活動を行う。
  • 保育者の話をしっかり聞き、自分で考えて行動する。
  • 友だちと気持ちを合わせながら、歌や踊りを楽しむ。
  • 日本の伝統行事について知り、自分の願いを考え、書いてみようとする。(七夕)
  • 友だちと一日中一緒に行動し、楽しみを共有することで更に仲を深める。(お泊り会)
  • グループで相談したり、役割を分担しながら協力して、一つのことやり遂げる達成感を味わう。
  • 友だちに思いを伝え、相手の思いにも気付く。
【環境】
【表現】
【言葉】
【人間関係】
異年齢活動
  • 水遊び、泥んこ遊び ・子ども盆踊り ・七夕まつり
宗教
カリキュラム
  • テーマ  「神様のお恵み」
  • 内容  ノアの箱舟
  • お祈りの歌 「うみでおよぐ」「聖母マリアの」
  • たなばたさま・ホ!ホ!ホ!・手のひらを太陽に
鑑賞曲
  • 「亜麻色の髪の乙女」(ドビュッシー)

 

年中 7月の保育内容
主題
  • 丈夫な体
月のねらい
  • 遊びや生活の中で、自分の思いや気持ちを表現する。
  • 夏の自然の中で、思い切り体を動かし元気に遊ぶ。
内容
  • しゃぼん玉や水遊びの中で、不思議さや心地よさを感じる。
  • 自分の思いを言葉で伝え、相手の気持ちにも気付いていく。
【健康】
  • 夏にしかできない活動を楽しみながら、体の動かし方を知る。
  • うがい、手洗いの習慣を身に付ける。
  • 汗の始末や、水分補給をする。
【環境】
  • 使った物の片付けを丁寧に行う。また、学期末に身の回りの掃除や整頓をする。
  • 野菜や花の変化に気付き、積極的に世話をする。
【表現】
  • 七夕について知り、歌をうたったり、踊ったりする。
  • 絵本をみて、季節の行事を知ったり、季節を感じたりする。(「たなばたさま」)
【言葉】
  • 遊びや活動に自分から進んで取りくみ、友だちと会話を交えながら楽しむ。
  • 人の言葉や話をよく聞き、気持ちを言葉で伝え合う喜びを感じる。
【人間関係】
  • 集団活動の中で、気持ちの共有をする。
  • 遊びの中で、自分の思いを伝えるだけでなく、相手の思いにも気が付くようになる。
  • 自然の中での発見や興味を友だちと共有し、一緒に楽しむ。
異年齢活動
  • 水遊び ・泥んこ遊び ・子ども盆踊り ・七夕まつり
宗教
カリキュラム
  • テーマ  「神様のお恵み」
  • 内容  「ノアの箱舟」
  • お祈りの歌 「うみでおよぐ」「聖母マリアの」
  • 「たなばたさま」「てのひらを太陽に」「ホ!ホ!ホ!」
鑑賞曲
  • 「亜麻色の髪の乙女」(ドビュッシー)

 

年少 7月の保育内容
主題
  • 丈夫な体
月のねらい
  • 暑さに負けず外で体を動かして遊ぶ。
  • いろいろな遊びに興味を持つ。
内容
  • 水遊び、泥んこ遊びなどを通して、沢山の発見を楽しむ。
  • 五感を使い、素材の心地よさや感覚を味わう。
【健康】
  • 進んで身支度をする。
  • 元気に体を動かしながら、夏の遊びを楽しむ。
【環境】
  • 遊具や昼食の片付けを自分で行う。(片付けの生活指導)
  • 静かな気持ちを作り、お祈りをする。
  • 自分たちで育てた野菜の生長と収穫を通して、食べ物への感謝の気持ちを持つ。
【表現】
  • 七夕について知り、七夕まつりに喜んで参加する。(七夕まつり)
  • 友だちと一緒に歌ったり踊ったりすることを楽しむ。
  • ステージに立って踊りや歌を発表することを経験する。(7月の誕生会)
【言葉】
  • 自分の気持ちを保育者や友だちに伝える。
【人間関係】
  • 様々な遊びの中で、友だちとのかかわりを持つ。
  • 保育者や友だちと一緒にごっこ遊びを楽しむ。
異年齢活動
  • 水遊び・泥んこ遊び・子ども盆踊り・七夕まつり
宗教
カリキュラム
  • テーマ 「神様のお恵み」
  • 絵本 「こどものせかい」
  • 野菜の世話・収穫(神様からいただいた物)
  • 水遊び(神様からいただいた丈夫な身体の話)
  • お祈りの歌「うみでおよぐ」「聖母マリアの」
  • 「たなばたさま」「ホ!ホ!ホ!」「てのひらを太陽に」
鑑賞曲
  • 「亜麻色の髪の乙女」(ドビュッシー)
▲このページの一番上へ